トラネキサム酸が持つ美容・美白効果〜その成分と副作用について

トラネキサム酸が持つ美容・美白効果〜その成分と副作用について

 

 

トラネキサム酸は色素沈着を抑制してくれるアミノ酸の一種です。

 

もともとは薬用アミノ酸として止血剤に使われていました。
現在では止血・にきびなどの炎症作用に加え、肝斑にたいしても有効であるといいうことがわかりました。
そのため多くの美白用品に使われるようになったのです。

 

厚生労働省から認められた医薬部外品にも美白成分として配合されています。

 

主に内服薬(医薬品)として用いられているのは、抗アレルギー・抗炎症・抗出血作用というような薬理作用があるからです。

 

現在では肝斑を改善する効果があると注目されるようになり、肝斑の改善、シミやそばかすの治療などの内服薬や塗り薬、美白効果があると言われている化粧水など多くの商品に使われるようになりました。

 

 

トラネキサム酸は美白化粧品として使われているのですが、トラネキサム酸の融合体であるm-トラネキサム酸というアミノ酸の一種です。

 

1番初期の段階でメラノサイト活性化因子(プラスミン)を邪魔し、メラニンを生成するための情報伝達をブロックしてくれるのがトラネキサム酸です。

 

シミがどうしてできるのでしょうか?
女性ホルモンや紫外線などの刺激によって肌がダメージを受け、メラノサイトにメラニン色素を生成する情報が伝わります。

 

これがシミができるプロセスの一部になるのですが、トラネキサム酸はシミを発生させる原因になるプロスタグランジンという物質を伝達するのを邪魔してくれます。
そのため、メラニンが生成されるのを抑えてくれるのです。

 

トラネキサム酸はしみ全般に効果があると言われています。
その中でも、特に肝斑への効果が強いため、内服薬としても使用されているのです。

 

肝斑はホルモンバランスが乱れることが原因になっています。
トラネキサム酸はホルモンバランスにも影響することも、副作用もないのです。

 

トラネキサム酸は副作用も少ない比較的安全な薬です。
しかし、止血作用があるため、トロンビンなどのような止血作用のあるものとは一緒に服用しないようにしてください。

 

血液が固まってしまうことで、脳血栓などの病気を引き起こしてしまう可能性もあります。
もし心配であるのであれば、医師と相談してから使用するようにしてください。

トラネキサム酸が持つ美容・美白効果〜その成分と副作用について関連ページ

アスコルビン酸(ビタミンC)の役割と発揮する効果とは?
アスコルビン酸はシミにどの様な効果が期待できるのでしょうか。その作用について解説を行っています。
パントテン酸カルシウムの気になる効果や特徴・副作用とは?
シミ用の医薬品に含まれている成分は実に様々。それらの成分について、それぞれどの様な効果があるのか解説しています。
L-システインが発揮する効果と働き〜副作用の危険性は?
L-システインもシミ医薬品に頻繁に使用される成分として有名です。果たしてこの成分にはどの様な効果・効能などがあるのでしょうか。解説します。
N-アセチルシステインという成分とは?その効果や副作用
N-アセチルシステインもシミ用の医薬品には非常に多く含まれている医薬品です。この成分の働きや効果・副作用について説明を行っています。