パントテン酸カルシウムの気になる効果や特徴・副作用とは?

パントテン酸カルシウムの気になる効果や特徴・副作用とは?

 

パントテン酸は水溶性のビタミンの1つであり、別名ビタミンB5と呼ばれています。

 

語源はギリシャ語にあり、「どこにでもある」とい意味を持っています。
その名の通り、レバーや納豆、さけなどの魚介類、肉類、卵などを始めとした多くの動植物食品に入っているのです。

 

このようにいろいろなものから摂取できるため、通常であればパントテン酸は不足することがありません。
しかし、病気などが原因で抗生物質を飲んでいたり、腸内の動きが鈍ってしまっている時にパントテン酸が不足してしまう事があるのです。

 

パントテン酸は美しい髪や肌を作るのに重要であると言われています。
そして最近になって、ストレスを緩和したり、ニキビやアトピーを改善する効果も期待されるようになり、一気に注目を浴びるようになったのです。

 

ニキビの原因はストレスにもありますから、ストレスを緩和してくれるパントテン酸はとても効果的だと言われているのです。

 

 

抗ストレスビタミンと呼ばれるくらい、パントテン酸はストレスの緩和に役立つと言われています。
それを可能にしているのが、副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用です。

 

パントテン酸はシミやそばかすをケアする化粧品や、ビタミン補給するための栄養剤にも多く使われています。

 

パントテン酸は肌のターンオーバーを正常にし、工場させてくれるため、ナイアシンアミド(ビタミンB3)と並ぶくらい多くの化粧水や美容液といったコスメにも含まれていると言われています。

 

パントテン酸の誘導体である「パンテノール」は、皮膚の栄養と大きな関わりを持っているため、傷ついた皮膚の修復、健康な髪の育成に効果があるとされています。

 

さらにHDH(善玉)コレステロールの生成を促す作用もあります。
HDHコレステロールが増えると必然的にLDL(悪玉)コレステロールの増加を防ぐことになりますので、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果があるという訳です。

 

もしパントテン酸が不足してしまうと、皮膚炎や脱毛、免疫力や副腎機能の低下を引き起こしてしまう可能性があるので注意してください。

パントテン酸カルシウムの気になる効果や特徴・副作用とは?関連ページ

アスコルビン酸(ビタミンC)の役割と発揮する効果とは?
アスコルビン酸はシミにどの様な効果が期待できるのでしょうか。その作用について解説を行っています。
L-システインが発揮する効果と働き〜副作用の危険性は?
L-システインもシミ医薬品に頻繁に使用される成分として有名です。果たしてこの成分にはどの様な効果・効能などがあるのでしょうか。解説します。
N-アセチルシステインという成分とは?その効果や副作用
N-アセチルシステインもシミ用の医薬品には非常に多く含まれている医薬品です。この成分の働きや効果・副作用について説明を行っています。
トラネキサム酸が持つ美容・美白効果〜その成分と副作用について
トラネキサム酸もよくシミ用の医薬品に含まれている事が多い成分です。果たして、どの様な効果が期待出来るのでしょうか。解説を行いました。